冠婚葬祭の婚と葬に関わる職業

ビル

冠婚葬祭の代表的な式である、結婚式と葬式に関わる職業は何があるでしょうか。
まず結婚式ですが、神社で式を挙げる場合には宮司や巫女さんです。
また、着付けやヘアーメイクを頼むことが多いので美容師も関わることになります。
教会で式を挙げる場合であれば牧師さんということになります。
この場合も美容師は必用です。
また式全体の計画やドレスや式場の紹介など様々な要望に応えるブライダルコーディネーターなどもあります。
また、式からは少し離れますがエステやフラワーショップなども結婚式に関わるといえます。
次に葬式ですが、全体をトータルコーディネートするのが葬儀社になります。
ご遺体のお清めなどの処置や通夜の準備などを遺族と相談して内容を決めていきます。
そして葬儀や告別式などの手配、進行なども葬儀社の仕事になります。
葬儀の中で関わることで重要なのは僧侶です。
これは菩提寺がある場合かどうかなどでどのように手配するか様々でしょう。
その他にも斎場のスタッフなどが葬式に関わる職業になります。