不眠症に成る原因

不眠症に成る原因

不眠症に成る原因として以下に記述してある事がメインの原因としてあげられるとおもわれる。

 

≪環境による原因≫
眠るときの環境に拠っておきる原因である。例を挙げると夜中家の外で工事等が実行されていて、うるさくて眠れないとか、熱帯夜等暑すぎて眠れないとか、一緒に就寝している人のいびきや歯ぎしりがうるさくて眠れないとかあげられるとおもわれる。

 

こういう生活環境に原因があるケースの場合、あまり悩みすぎてしまうと悪化してしまう可能性があるので注意が必要である。

 

また、これ以外には引っ越したばっかりで落ち着かず眠れない、旅行で枕が変わって眠れない等一時的な原因による不眠であれば慣れれば治るとおもわれるので懸念いらないとおもわれる。

 

≪生理的な事が原因≫
海外旅行でみられる時差ぼけや、2交代、3交代等で勤務が多種多様な時間帯で働かなくてはならないケースの場合等眠るときのタイミングが変わってしまい眠れなくなるケースがある。

 

一時的なものだったら、まだ良いのであるが、症状が酷くなるようだったら環境を改善してもらう等の対策をしてみるようにしよう。

 

≪心理的な事が原因≫
悩みや懸念事、ストレスと云う心理的負荷が原因で不眠症に成るケースの場合がある。
考えすぎる事で不眠症自体が悪化してしまう可能性がある為、出きる限り考えすぎないようにする事が肝心になってくるとおもわれる。

 

≪器質的な事が原因≫
睡眠時無呼吸症候群等、体に何らかの症状がでている事が原因となり不眠症に成るケースの場合がある。

 

≪心理的な疾患が原因≫
うつ病等精神科を必要とする病気のケースの場合、不眠症の症状を結びつくケースの場合がある。

page top