予防医学と高血圧予防に関して

予防医学と高血圧予防に関して

テレビ番組のワンシーンなどで、カーッとなって怒鳴るお父さんに「ほら、血圧が上がるよ」と冷ややかなコメントをするお母さん、という場面を見かけないか。
笑って済ませられるときはいいのであるが、高血圧は酷く(ひどく)なると脳梗塞や心筋梗塞などを生じさせる原因にもなり得るものなのである。

 

血圧は、血管の中を流れる血液が血管の壁を押す力のことを云う。
そしてこの力が力強くなった状態が「高血圧」である。
一般的に上の値が140mmHg以上、下の値が90mmHg以上になると、高血圧であるとされる。
高血圧の状態が継続すると、どのような変化が生じるのだろうか。
まず、血管が血流の力に耐えようとして、血管を厚く硬くする。
こうして動脈硬化が始まり、脳梗塞などを生じさせる可能性が出てくる。
また、脳出血などを起こすケースの場合も有る。
これらの病気を防ぐために予防医学を実践するならば、まず高血圧を予防することから始めよう。

 

塩分の摂りすぎが高血圧につながることは、よく知られている。
濃い味に慣れてしまった人も、始めは食べにくいかもしれないが、うす味の食事にこころがけてみると良い。
また、塩分をスムーズに排出するため、利尿機能のある果物を取るのも効果的である。
但し肥満傾向のある人は果物の過剰摂取にならないよう気を付けて欲しい。
煙草(たばこ)はきっぱりとやめるべきだろう。
ニコチンの機能で血圧が上がり、また血液がどろどろになりやすいため、動脈硬化や脳梗塞などの危険度を上げてしまう。

 

健康は一日にして成らずである。
予防医学の観点から、規則的に間違っていない生活を毎日継続して欲しい。

page top