コンタクトレンズの出し入れについて

コンタクトレンズの出し入れについて

ちょっとヘンな題名であるが、眼科のこぼれ話として面白い話があるので書いておく。
コンタクトレンズの処方手順のところで記述したが、初めてのコンタクトレンズのときは、出し入れの仕方とケアの仕方を時間をかけて解説する。
これがなかなかどうしてむずかしいのである。
コンタクトレンズを活用している人も、ご自分のときを思い出してみると分かるのではないだろうか。
初めに実践するのは手洗いである。
汚い手でレンズに触る、なんてことは怖いことである。
まず、「コンタクトレンズ」という異物を目の中に入れているので、出す練習から始める。
ハードのレンズでは目を大きく見開いた状態で目尻を引っ張り、瞬きをしてレンズをはじき出すようにして出すのが一般的である。
これがなかなかどうしてうまくいかないのだ。
レンズが目の中でずれたりもする。ハードのケースの場合は、ずれたときの対処法も勿論(もちろん)教える。
どうしてもこの方法で出すことができなければ、「スポイト」という器具を用いる。
ソフトでは、目の上のレンズをつまみ出すようにして外す。これがどうも怖いようだ。
黒目よりもレンズは大きいものであるから、それを鏡で確認してもらって、怖がらずに触ってもらうところから始める。
装用の仕方はどちらも同じで、人差し指の上にレンズをおく。
このときソフトレンズは裏返しになることがあるので、ふちなどの形でキッチリと確認する。
そして、両手でまぶたを引き上げて目の上にレンズを置くようにする。
この繰り返しを実践するのであるが、初めてのケースの場合は比較するとだいたい男の人のほうが時間がかかる。
「怖い、怖い」と連発して、自分の目を触ろうとしないのも男の人のほうが多いものである。
これに対して、女の子は肝が据わっているというか、どちらかというと短時間でマスターする。
1日で練習が終わらないケースの場合は、とりあえずレンズは持ち帰ってもらわないで、また来院して練習である。
めったにないものであるが、やっぱりこのケースの場合も比較すると男の人のことが多いだ。
女性のほうが度胸があるよね、と皆で話していたw

page top