精神安定剤≪デパス≫の副作用

精神安定剤≪デパス≫の副作用

デパスは精神安定剤の中でも思ったより温和な薬で、マイナートランキライザーと云う種類に成る。
デパスは田辺三菱製薬から発売されている錠剤の精神安定剤に成る。
発売されてから途方もなく年月が経ってると云う事も在り、薬に対する信用性は高いので落ち着いて服用したい所であるが、薬であるので副作用の事も気付いておかなくてはならない。

 

 

まず初めは妊娠中の方であるが、妊娠中のケースの場合はデパスを服用する事は出きれば敬遠した方がベストじゃないかとおもわれる。
妊娠中の体に副作用がどう機能するか理解できる事ができないからである。
しかしどうしても服用しなければならないと云うケースの場合には、ドクターと対談じて体の状態を診てもらった上で服用する必要が有る。
また授乳中の人は母乳に薬の機能が混ざる可能性もある為に、服用中の授乳は敬遠した方が良いとおもわれる。

 

 

次にデパスを服用すると副作用で太ってしまうと云う事を聴いた事が無いだろうか。
精神安定剤の中には服用する事で食欲が増進してしまい太ってしまう副作用が有る物が有る。
しかしデパスにかんしては多少太る可能性もあるかも。
と云うレベルである為、他の薬に比較したら太る可能性は低いと考慮して良いかも知れない。

 

 

次にちょっと恐ろしいものであるが、デパスを服用する事で健忘症と云う記憶障害が生じる可能性が有る。
一定期間の健忘とは云ってもこう云った副作用は途方もなく恐ろしいし困る事である。
デパスを服用する時には絶対にドクターの診察を仰ぎ、ドクターの指示通りに服用する事、注意点をキッチリと聴いておく事が肝心となる。

page top