便秘と漢方薬

便秘と漢方薬

漢方の見方として便秘は「気・血・水」でいうところの「水」が不足して生じる為、ストレスと云う心理的負荷等による「気」の異常で起こり、「お血」等の「血」の異常で生じるものとされている。
体に便秘以外の異常な症状がなければ、西洋医学とおなじ様に下剤等を使用して、症状がある間一時的に活用して治する。
便秘以外にも異常があるケースの場合は、漢方薬に拠って体質改善を実践しながらお通じの状態も一緒にアレンジしていくと云う使い方をする。

 

便秘の時に1番よく使用される漢方薬は「大黄甘草湯」である。
市販の漢方薬の殆どにこの生薬が配合されている。
漢方は市販薬であるため誰でも使用する事が出きると思いがちであるが実は異なる。
この「大黄甘草湯」は体力が通常から体力がある人向けのものである。
体力があまりない人のケースの場合の漢方薬は「桂枝加芍薬大黄湯」を使いる。

 

他にも便がコロコロで固くてうさぎの糞のような形の人には、水分不足による便秘だとおもわれる為、潤いをあたえる事が出きる漢方薬「麻子仁丸」や「潤腸湯」を使いる。
今案内した漢方薬には全て「大黄」や「麻子仁」と云う生薬が入っていて、下剤機能が含有されている。
これらの漢方薬は呑み込むとおもったよりすぐ効果が現れる。
しかしその反面下痢に成る事が在り、胃腸が痛くなる事もある。

 

下剤機能がある生薬を包括しない漢方薬としては「桂枝加芍薬湯」や「小建中湯」がある。
これらを使用して便秘改善をする事もある。
便秘と下痢とくりかえしているような人にはこれらの漢方薬が向いている。
効果に即効性はないのであるが、暫く(しばらく)飲みつづけると効果が現れる。

page top