オバマ大統領の政策について

オバマ大統領の政策について

現状、アメリカは日本と同じ問題に直面している。
格差社会である。
現状のアメリカの政権に於いて、経済政策は決して上手く行ってるとは云えない。
日本と同じように、富裕層に対して優遇され、貧困層に厳しい税制を敷いているからである。
無論、政治家はこれを否定するが、実質それはウソである。
結局のところ、数人の話し合いで自身達の都合の良いようにもっていってるだけ、と云う印象は拭えない。
これもまた、日本と同じである。

 

このようなアメリカにあって、オバマ氏の経済政策は、細やかなものと為ってる。
であるが、ベースとなるのはやっぱり税制の問題である。
オバマ氏は、これまでの富裕層有利な税制を、フラットにするつもりでいるようである。
ここでもやっぱり彼の一貫した主義、主張が貫かれている。

 

それは、弱者に対する過剰な援助をしない姿勢やポーズにも現れている。
破産宣告を受けた人の救済等と云った、弱者を守るべき経済政策にかんしては、無条件で国が守ると云うよりは、国にとって有益なお金の使い方の一環として、援助を実践すると云ったニュアンスである。
つまりこれは、たとえ弱者であっても、アメリカの一部で在り、アメリカを良くする為に必要な事として手助けを実践する、と云ったところだろう。
保険や補助を手厚く実践する姿勢やポーズを見せていたヒラリー候補とは、少々一線を画していた。

 

オバマ氏の経済政策は、良くも悪くも、彼の主義・思想のとおりと云えるのじゃないだろうか。

 

気になる話題の調査報告

page top