<ガンダム30周年>機動戦士ガンダムのあらすじ

<ガンダム30周年>機動戦士ガンダムのあらすじ

「機動戦士ガンダム」がテレビ放送を開始してから来年2009年4月で30年に成る。
であるからテレビシリーズ第1作目の「機動戦士ガンダム」にかんしてあらすじをご案内するので30周年前を気付いている人はちょっと振り返ってみるべきだ。

 

 

ガンダムの時代は宇宙世紀0079年と云う年に成る。
宇宙にあるスペースコロニーへは地球から相当の移民がシフトしていた。
このようなスペースコロニーの中に「サイド3」と呼称される場所が在り、そこではおのれからを「ジオン公国」と云う風に名乗っていた。
そのジオン公国では人型機動兵器である「ザク」と云うモビルスーツの開発に成就し、実践(戦闘)を行ってきた。
そして地球連邦軍からの独立をする為に戦争を地球連邦軍へ挑みに行きた。
しかしながら、結果的にこの戦争がもたらした者は相当の犠牲、人類の半数以上が戦死してしまうと云う事だった。

 

 

そこで、地球連邦軍は新しいモビルスーツ「ガンダム」をスペースコロニー、サイド7で開発する事に成就し、宇宙戦艦ホワイトベースがガンダムを受け取りにサイド7へ向かっていた所、ジオン軍に追跡、偵察され受け取る前にガンダムへの攻撃が開始されてしまった。
このような中、サイド7に居住していた少年アムロ・レイが巻き込まれていき、やむを得ずガンダムを操縦する事に成る。
なんとかザクを2機破壊出きたが、これが元でアムロ・レイはガンダムのメインパイロットとなり、これからおきる戦いへ挑む事に成るのである。

 

世相を反映する特種案内

page top